少子化対策より子ども対策 自分に何が出来るか考えろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
結婚したくても・・・・
不景気は続いてますね。
大学卒業しても仕事が無いんだそうです。。。

収入が無いと結婚出来ない
頑張って共働きでも子ども一人養うのに大変だから
少子化が続いて いずれ日本の人口は 日本人と外国人 半々になるんじゃないですかね?
んなこたーない か。

30年後 
貧富の差は広がって スラム街が出来ているのか
それとも
景気が回復して 子どもの数も増えているのか

1年3年5年先を見据えて 生き残れ

 

スポンサーサイト
【2010/10/09 03:59】 子どもの貧困 | トラックバック(0) | コメント(0) |
意識を持つと言う一番の対策
以前の俺は 「お母さん」や「シングルマザー」は強いなー って思っていた。
母は強し とは聞いた事があるだろうけど そのイメージしか無かったからだ。
子育ては勿論 シングルマザーは、一人で仕事もしながら 凄いなー 
一人で育てようと思った事に対して 立派だな とか
そんな事しか思ってなかったから 強いなー って勝手に思ってたんだ。

数年前に初めてシングルマザーの友達が出来た時
その子は俺より2歳年下で1歳の子どもがいたんだ。
やっぱりお母さんは強いねー って言ったら 
「強いわけないじゃん 必死でギリギリの所で頑張ってる 心身ともに疲れて ふと嫌になる時もある」 
って怒られた
初めて現実を知った時の事だった。
んまぁ・・・ちょっと考えれば分かることなんだろうけど^^;

子どもの貧困 貧困の連鎖 貧困問題 子ども対策 とテレビや本で紹介され始めたけど
その時だけになっちゃいけない
きっともう意識してた事忘れてしまってる人もいるかもしれない

自分がイメージしてた事が 実際なってみると こんなはずじゃ無かったと ならない様にね。
今一度 現実を知って 意識を持つと言う一番の対策をするべきだと思う。

【2010/10/07 00:10】 子どもの貧困 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今朝の新聞でも また「無保険」の子どもが増えてきていると言う記事
今朝の新聞でも また「無保険」の子どもが増えてきていると言う記事が載ってました。
まだ貧困問題に関心の無かった1年2年前からすでに参考書では言われていましたが
注目を浴びなくてはならない 注目をせざるを得ない状態になってきたんでしょうね。

子どもの貧困問題について
1番の影響は 親の収入ですよね
子ども達には、将来「収入、収入」と思いながら仕事に就くのではなく 探すのでは無く
自分のやりたい事を見つけて 夢に向かって思いっきり羽ばたいて欲しいです。
その時 金銭面で好きな事が出来ないと言う子どもに 好きな事をさせてあげたいから
僕は 頑張りたいと思います。
結婚は確かに 僕の憧れですが 夢が叶わないと出来ないと思っています。
夢が叶ったら 結婚したいです。
好きな仕事をしながら生きていけたら さぞ楽しいんでしょうね

子ども達に夢を与える仕事
親御さん達の子育て支援 育児疲労の減少に 少しでも役に立ちたい
そして、シングルマザーの支援

全てどんな事が出来るのか
どんなモノを作って どんな風に役に立てれるのか
どんな支援が出来るのか
まだ全然イメージも形にも出来ていませんが

そんな事を思っています。
今はとにかく絵の作品を描く事が 夢に近づく事なので
精一杯頑張りたいと思います。

家出していた中3の女の子が 覚せい剤で捕まった事件も
大人の身勝手さ 子どもの弱さ 親子の関係 

悔しい
悔しい
【2009/12/18 00:41】 子どもの貧困 | トラックバック(0) | コメント(0) |
虐待されている子どもが居る、生活費を稼ぐ為に苦しんでいる親が居る。
そうこうしている今
本当に今この時にもどこかで苦しんでいる親子がいる
虐待されている子どもが居る、生活費を稼ぐ為に苦しんでいる親が居る。

【「自分の子どものめんどうは自分で見る」という意識は強いから
授業料滞納や給食費未納 子どもの無保険といった問題に対して
「子どもがかわいそうだ、だらしない親が悪い」と矛先が親に向かう。

子どもの生活を保障できる状態にある人が「努力が足りない」として
困難を抱える保護者・家庭バッシングを展開する一方
当事者も(同様に責任を持ちたいと願うがゆえに)「努力が足りないから・・・」とそれを受け止める構図がある。
しかしそこには、批判する側に、子どもの生活を保障していく手段や選択肢が無い家族の姿と
それを支えるべき政策的対応の欠如が見えていない。

問題なのは、家族責任論で終始するのみで、困難な状況にある子どもの姿は見えていながら
その子どもの育ちをどうするかといった視点が持たれていない事である。(子どもの貧困白書より)】

困っている人を助ける事だけをしていてもダメで
困っている人を増やさない様にする事も大事で
でも、困っている人の事ばかり考えて 当の本人が困っている人の仲間入りしたら意味が無いので
無理をせずに、誰もが自分に出来る事を行動に移した時
子どもの笑顔が沢山増えるんでしょうね。

シングルマザーの記事はまた次に
臨界点に達しているともとれる母親の自助努力の上に要請される「自立への努力」
普通に専業主婦でも、家計の足しにパート等をしながら子育てをした事のある方なら分かるはず
女手一つで、仕事・家事・育児をしてる所に 自立も求められている。大変って言葉では済まないですよね
自己責任でしょ って言う気持ちは、分からなくも無いが
せめて責める矛先を その人達にでは無くて、政策的対応に向けてもらえないだろうか?

人はそんなに冷たくないでしょ? 皆優しいはずだよ。


【2009/09/14 19:26】 子どもの貧困 | トラックバック(0) | コメント(4) |
「子どもの貧困白書」
1週間程更新していませんでした すみません。
急ぎの会報の挿し絵も無事描き終わりました。
最近は食生活に気を付ける様に心がけ、適度な運動も続けています。
時間を見ながら、カギ編みの練習と勉強ですねー。

今勉強している参考書はこれです「子どもの貧困白書」(2009.9.4初版)最新の物ですね。
この参考書は先日の「どうする?21世紀の格差と貧困~年越し派遣村から見た日本社会~」のシンポジウムに参加した際に購入しました^^

「給食の無い夏休み、体重の減る子どもがいる。
1日の主な栄養源が学校の給食だけ、という子供がいます。
現代日本の子どもの貧困。
私たちの社会のあり方が問われています。」(帯) 2800円

090913_2159~0001
自分に何が出来るのか
どこまでやれるのか 夢中になってやっていきたいです。
【2009/09/13 23:10】 子どもの貧困 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。